「監獄のお姫さま」勝田千夏役で出演中!菅野美穂さんの魅力をご紹介

宮藤官九郎作品と言えば、実験的なドラマ作りと、視聴者の心に鋭い刺激を与える会話、そしてキャストの豪華さで知られています。

「監獄のお姫さま」は”おばさん犯罪エンターテインメント”をコンセプトとし、犯罪に手を染めてしまった女性たちを描く物語です。

不器用ながらもしたたかに生きる彼女たちの姿を通し、生きることの意味を問いかける群像劇となっています。

そんなヒロインの一人、所得隠しと脱税の罪で刑務所に入所している通称「財テク」を演じているのが菅野美穂さんです。

 

K氏

今回は大女優の菅野美穂さんの魅力について調べてみようかの。

 

スポンサーリンク

清楚な美少女から殺人犯まで演じ分ける「カメレオン」

菅野美穂さんのプロフィール

本名:堺 美穂 (旧姓:菅野)

別名義:蓮井 朱夏(『愛をください』の役名でCDリリース)

生年月日:1977年8月22日(40歳)

出生地:埼玉県坂戸市

身長:160 cm

血液型:AB型

職業:女優・歌手・タレント

ジャンル:テレビドラマ、映画、舞台

活動期間:1992年 ~

1993年:女優デビュー

配偶者:堺雅人(2013年 ~ )

事務所:研音

 

菅野美穂さんは1992年、中学3年生でアイドルグループ「桜っ子クラブさくら組」のオーディションに合格し、芸能界にデビューしました。

そしてグラビアやCMで人気を博しつつ、テレビドラマにも出演し、その才能を発揮していきます。

1995年にはNHKの連続テレビ小説の準主役という大抜擢を受け、注目を集めました。

1997年には「君の手がささやいている」で聴覚障碍者のヒロインという難しい役どころを演じ、エランドール賞の大賞を受賞、その演技力が高く評価されたのです。

好評となったドラマはその後も数年にわたって続編が放送され、その後も高い評価を受けています。

当初はそんな可憐で清純な役柄を演じていた菅野さんですが、そのイメージを自ら覆し、ファンの度肝を抜いたのが1999年のドラマ、「恋の奇跡」の倉田雪乃役でした。

一見は清楚で優しい美少女ですが、実は野望のためには殺人をもいとわず、主人公の家庭を破壊し財産を奪い、徹底的に追い詰めるというすさまじい役柄だったのです。

当時まだ22歳だった菅野さんですが、そんな悪女役を堂々と演じきった度胸に、女優としての仕事に対する意識の高さがうかがえます。
この役を演じたことで、菅野さんは大きく演技の幅を広げることに成功したのです。

そんな菅野さんは「カメレオン」と呼ばれています。番組のカラーや役柄に合わせ、別人のように雰囲気を変える菅野さんの変身ぶりが伝わるニックネームではないでしょうか。

 

Y子

「カメレオン」と呼ばれる理由に納得です。

どんな役でもなりきって演じていますよね!!

菅野さんの魅力は無限大(*^▽^*)

 

スポンサーリンク

「監獄のお姫さま」勝田千夏はこんなキャラクター

 

「監獄のお姫さま」は完全オリジナルストーリーで、そのため視聴者が先の展開を予測できない面白さがあります。

脚本の宮藤官九郎さんは「愛すべきカッコイイおばちゃんのおしゃべりと衝動によって転がり続ける」物語を描くために、舞台を女子刑務所に設定しました。

おばちゃんと呼ばれる年齢にもなれば、普通は一家の主婦としてどっしりと構えている頃でしょう。あるいは仕事に邁進するキャリアウーマンなら、管理職として部下をまとめ上げ、充実した毎日を送っている、ビジネスパーソンとしての絶頂期にいるはずです。

ところがこの物語の5人のヒロインたちは、みななんらかの事情から罪を犯し、輝かしい人生の時を刑務所で過ごす羽目になっています。それは、そうなっても貫きたかった譲れないものがあったからです。

 

そんな彼女たちの不器用な強さが、物語を形作っていきます。

いつの時代にも、誰にも譲れない信念と自分のスタイルを持って人生を生きる女性がいます。そんな女性を英語ではハンサム・ウーマンと呼びます。「監獄のお姫さま」はそのハンサム・ウーマンたちの物語と言えるでしょう。

彼女たちを演じるのは、いずれも個性的で癖の強さに定評のある5人の女優です。

群像劇とはいえストーリーをリードする主人公的な存在はいます。

それが小泉今日子さんが演じる、口癖から通称「冷静に」と呼ばれる馬場カヨで、罪名は殺人未遂です。カヨは年下の夫が不倫したことが原因で争いとなり、夫を刺したことで殺人未遂に問われ、懲役5年の実刑判決を受けました。

 

菅野美穂さんの役どころは?

勝田千夏(かつた ちなつ)

通称:財テク。財テクで有名なカリスマ経済アナリスト。数億円の資産隠しと脱税、さらにインサイダー取引で実刑判決を受ける。しかしこれに懲りず、刑務所内での出来事をフェイスブックやメルマガで配信。年間数億円を稼ぎ、「カリスマ女囚」と呼ばれる。

 

菅野美穂さんが演じる勝田千夏は、元は財テクで有名なカリスマ経済アナリストでした。

しかし所得隠しと脱税、インサイダー取引で実刑判決を受け、服役することになったのです。ところが服役生活の中でも千夏はめげたりしません。その特別な環境を逆手に取り、刑務所内部での出来事をインターネットで配信、服役しながら年間数億円を稼いで「カリスマ女囚」となってしまうのです。

千夏はその優れた頭脳と性格で刑務所内のリーダー的存在となり、小泉さん演じるカヨと友情を深めていきます。そしてある企みのために仲間として手を組み、カヨを引っ張っていくことになるのです。

 

菅野美穂さんはその涼しげな美貌で、そんな千夏をさらりと演じてみせます。

刑務所に入れられても全く懲りることなく、それどころか平然と立場を利用して大金を稼ぎ出すような悪女が千夏です。

しかし菅野さんが演じることで、むしろそれがかっこよく、カリスマと呼ばれるのもうなずけてしまうキャラクターとなっています。

 

Y子

菅野美穂さんはどんな役柄でもカッコよく演じ、違和感もないですよね。

それもまた菅野美穂さんの魅力なんでしょうね!!

 

スポンサーリンク

物語が展開すれば見れるかも?千夏の〇〇にも期待!!

勝田千夏はドラマの中でも最もリッチな役どころです。

そのため菅野美穂さんの持つ華やかな雰囲気を存分に活かしたファッションが期待されています。なにしろすでに数億円を稼ぎ出している千夏なので、どんな高級な服でも靴でも思いのままです。

「監獄のお姫さま」は”おばちゃん”たちが主役の物語であることから、女優さんたちと同じ世代の女性たちから注目を浴びています。

世の中の”おばちゃん”が思わずため息をついて憧れるようなファッションを見せてくれるのか、坂田千夏に期待しましょう。

 

Y子

「監獄のお姫さま」で、ファッションも注目を浴びています。

1人1人の個性が表れていますよね。

ファッションにも目が離せませんね!

 

こちらの記事も人気です。

「監獄のお姫さま」の主題歌を歌うのは安室奈美恵さん!!

ドラマ「監獄のお姫さま」の脚本家は宮藤官九郎!!

クドカンファン待望の最新ドラマ『監獄のお姫さま』の見どころ

小泉今日子主演ドラマ『監獄のお姫さま』の息子役のイケメンは誰?

『監獄のお姫さま』に出演するイケメン俳優たちに大注目!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です