『ごめん、愛してる』切ない!!涙がとまらないと大反響!!その秘密とは?

冬ソナに次ぐ大ヒット韓国ドラマ「ごめん、愛してる」が日本版として2017年7月にリメイク!

2004年に韓国KBSテレビで制作された韓国ドラマで結末が切なすぎる・・と話題になっているので日本版にも注目が集まっていますね。

この記事では日本版『ごめん、愛してる』が切なくて涙がとまらないと反響になっているので、その秘密についてピックアップしていこうと思います。

 

Y子
日本版ではTOKIOの長瀬くんが主演で注目されてるね。
K氏
韓国版では「冬のソナタ」をしのぐ最高視聴率を記録したそうじゃ!!

 

長瀬智也さんの本格ラブストーリー主演は20年ぶりなので期待と不安の声が上がっています。

スポンサーリンク

『ごめん、愛してる』あらすじ

幼い頃、母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也) 底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。 そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凜華(吉岡里帆)を助ける。 後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。

ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的な怪我を負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。 せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。 しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。 裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。そんな時、律は凜華と再会する。 凜華は幼なじみであるサトルに思いを寄せていたが、その思いは届かず寂しさを抱えていた…。

母に捨てられこれまで誰にも愛されなかった悲運を呪い愛を求める律と、だんだん彼に惹かれていく純粋で愛情深い凜華、 母の愛を一身に受け屈託なく生きるアイドルピアニストのサトル、そして自分が産んだ律がそばにいることに気づかずサトルを溺愛する麗子。 律―凜華―サトルの男女、律―サトル―麗子の母子、二つの三角関係が交差するこの夏一番切ない愛の物語だ。

 

Y子
ドロドロした要素たっぷり。韓流ドラマ!!っていう感じ(笑)
K氏

男女・親子・二つの三角関係がどう発展していくか・・・

韓国では、熱狂して仕事が手につかない人が続出した。というほどの人気!!

日本版では社会現象が起きるほどの人気を期待したいものじゃな。

 

『ごめん、愛してる』第1話から涙の理由

 

第1話のストーリー

誰にも愛されたことがない男は、自分を捨てた母に復讐を誓った…

そして、運命の出会い 男は、生まれて初めて人を愛すること、愛されることを知る…

愛する人を求め、母親を求める男の物語

 

 

Y子

なんという・・・

このストーリーを見ただけで、切ない・・切なすぎる・・

K氏

愛されたことがない・・・

それだけでは終わらないんじゃな。

Y子
主人公の余命宣告!!

K氏

ドラマの内容だけでなく、涙がとまらないのには2つの秘密がありそうじゃな。

Y子
2つの秘密ってなに?なに?

K氏

2つの秘密とは・・・

1つは長瀬智也の演技力。2つ目は『ごめん、愛してる』のテーマじゃ。

少し分析してみようかの・・

 

スポンサーリンク

①長瀬智也の演技力

 

Y子
やっぱり、キャストの演技力って大事よね!!

K氏

見ている人を引き込ませる演技力は、ドラマの鍵になってくる!!

長瀬くんの演技はどのドラマ見ても引き込まれ、見入ってしまうな。

 

2000年以降、長瀬智也さんのドラマ出演作品。

池袋ウエストゲートパーク

『スープの回』(2003年3月23日)

3億円事件 20世紀最後の謎

ムコ殿 ハンドク!!!

ビッグマネー!~浮世の沙汰は株しだい~

やんパパ

ムコ殿2003

ふたり 私たちが選んだ道

彼女が死んじゃった。

ドラマスペシャル タイガー&ドラゴン

タイガー&ドラゴン

明智小五郎VS金田一耕助

マイ★ボス マイ★ヒーロー

歌姫

華麗なるスパイ

うぬぼれ刑事

みぽりんのえくぼ

泣くな、はらちゃん

クロコーチ

フラジャイル

ごめん、愛してる

 

今まで長瀬智也さんというとお調子ものだったり、派手な役ばかりのイメージだったのですが、今回のシリアスで恋愛ものでの演技力はどう評価されているんでしょうか?

 

 

演技力は高いと圧倒的に評価されていますね。

そして、長瀬智也さんの好感度の高さを感じます。

やはり「TOKIO・長瀬智也」という印象が強いですが、アイドルと同じくらい俳優歴も長いので、好感度も高いんでしょうね。

 

では。演技力だけでなくもう1つの秘密について調べてみました。

 

②『ごめん、愛してる』テーマ

 

Y子

何においても、切なすぎるのはこのストーリー!!

K氏

ドラマを良くするも悪くするも、脚本が大事になってくる!!

『ごめん、愛してる』の脚本家に注目したみようかの。

 

『ごめん、愛してる』の脚本を担当するのは、脚本家・浅野妙子さん。

脚本家・浅野妙子 プロフィール

名前  浅野妙子

生年月日  1961年10月4日

脚本デビュー作 「Age,35 恋しくて」

 

主な脚本作品

「ラブジェネレーション」

「ラスト・フレンズ」

「ごめん、愛してる」

 

Y子

「ラブジェネレーション」はかなりのヒット作品で、私も当時欠かさず見ていました。

K氏

浅野妙子さんは「ラブジェネレーション」の脚本を担当したことがきっかけで一躍有名になったそうじゃ。

 

過去に大ブレークした人気作品が多いです。

これは、今回の『ごめん、愛してる』も期待できるのではないでしょうか??

 

Y子

気になるのは、ドラマの内容・展開だよね!!

K氏

この夏1番切ない愛のドラマと言われているのには、2つの三角関係が交差しているようじゃな。

 

愛を知らずに育った主人公。

母親を求めていくという切ない男。

居場所や愛を求めて、これからどう展開していくか。

 

Y子

脚本家の浅野妙子さんについて世間の評判はどうなんでしょうか?

 

 

日本でも期待の声があがっていますね。

そして「ごめん、愛してる」が人気の理由は、やはり衝撃的な結末。

 

『ごめん、愛してる』今後の展開予想

韓国で大ヒットした『ごめん、愛してる』。その理由は、衝撃的な結末も大きな1つです。

韓国では今まで見たことないような、「悲しすぎる」結末。

 

Y子

韓国版の結末がほんとに衝撃だった。

主役の2人ともが・・・

K氏

おっと。。それ以上言ったらネタバレじゃ。。

 

日本版ではどこまで再現していくのか。それともオリジナリティを出していくのか。

 

Y子

私的には、やっぱり衝撃でもあの結末があっての『ごめん、愛してる』だと思う。

K氏

日本でも大ブームを巻き起こすほどの結末に期待しよう!!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

Y子

韓国版をみて思ったのは、いろいろな展開が多く、かなりドロドロしているね。

そしてツライくて重い・・・

K氏

韓国のドラマはだいたいハッピーエンドで終わるのが多いんじゃが・・

『ごめん、愛してる』の結末には衝撃的・・という意見が多いな。

Y子

そうなるとやっぱり日本版の結末が1番気になるところだね!!

 

これからまたどんな波乱なことがおきて、どう立ち向かっていくか・・見逃せませんね。

ただ確実に言えることは・・・

 

どの回も切なすぎる内容ということ。ハンカチを持って見ることをおすすめします!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です