ドラマ「監獄のお姫さま」の脚本家は宮藤官九郎!!

TBS系で10月17日夜10時から放映されるこの秋のドラマ「監獄のお姫さま」、楽しみにしている人も多いと思います。

タイトルも興味がわきますが、出演者が小泉今日子さん、満島ひかりさん、菅野美穂さんと今一番輝いてる女優さんたちに、伊勢谷友介さんや塚本高史さんといったイケメンの俳優陣。

そして何といっても脚本があの宮藤官九郎さん。

 

Y子

観ないわけにはいきませんね!!

K氏

豪華俳優陣にも目が離せません。

 

スポンサーリンク

脚本は「あまちゃん」の宮藤官九郎ことクドカン。

「監獄のお姫さま」、脚本は宮藤官九郎さんです。

宮藤官九郎さんはクドカンという愛称で呼ばれていて、彼のドラマには大勢のファンがいます。

2013年上半期、NHKの朝ドラ「あまちゃん」は能年玲奈(のん)さん、有村架純さん、橋本愛さんなど、当時はまだそれほど有名ではなかった若い俳優さんたちが大勢キャスティングされて、社会現象にもなったほどのブームが起きました。

その脚本を書かれたのが、宮藤官九郎さんです。

 

宮藤さんの脚本はオリジナルで書かれる事がほとんどで、内容はシリアスの中にもクスッと笑ってしまったり、笑いの中にもどこか悲しみ、どうしようもなさが隠れていたりと、人間と人間社会の多面性をさらりと描いているのが特徴です。

視聴者の期待を裏切りませんし、観た後もドラマの余韻を感じさせてくれて、自分になりにメッセージを受け取ることができます。
また小さなネタが後で「そうだったのか」という秀逸な回収がされ、大きなドラマの流れを感じさせます。

 

今回は監獄で出会った5人の女囚と一人の元刑務官が汚い手を使って牛乳会社を乗っ取った社長に復讐するというドラマです。

女囚は小泉今日子さん、菅野美穂さん、坂井真紀さん、森下愛子さん、そして夏帆さん。

実力派揃いの女優さんたちの中で夏帆さんはどんな演技を見せるでしょうか。

刑務官は満島ひかりさんで社長は伊勢谷友介さん。

今一番花開いている俳優さんたちの多く出る「監獄のお姫さま」、見ごたえがあるにちがいありません。

 

クドカンのドラマにはアイドルが不可欠

宮藤さんはアイドルが好きなのでしょうか。彼のドラマには男女問わず新旧のアイドルがキャスティングされます。

彼らの大きな印象そのままの役柄もありますが、印象と役柄が化学反応を起こし「この人ってこういう役をやれるんだ」と新鮮に感じられる時がありました。

 

小泉今日子さんはもちろん昭和を代表するアイドルでしたが、現在は時間が経つにつれいい味を出す女優さんになり、「あまちゃん」ではアイドルになりきれなくて結婚したけれど、夫を捨てて故郷に戻ってきた主人公の母親役を演じました。

2003年の「マンハッタン・ラブストーリー」でも宮藤さんとタッグを組みました。

今回の「監獄のお姫さま」では主人公で、夫を発作的に刺して傷害罪で服役した女囚を演じます。一人息子を持つ母親でもある役なのですが、「あまちゃん」の時とは違い寂しげな表情を見せます。

 

そして、クドカンドラマに母親役でよく登場する森下愛子さん。

彼女もかつてはアイドルで可愛らしい人という印象でしたが、彼のドラマの中で役を演じる森下さんは可愛らしいだけでなく、おかしかったり、どこかしたたかだったり、役柄がその人というわけではありませんが、彼女にはこういう一面があるのか、とハッとします。

その森下愛子さんは元指定暴力団組長婦人の役だそうです。どんな「姉御」が見られるか興味があります。

 

K氏

クドカンワールドじゃな。

Y子

宮藤官九郎さんの独特な世界観。役柄。設定に引き込まれそうです!

 

 

スポンサーリンク

クドカンのヒット作はTBSに多い

宮藤さんのドラマのヒット作はほとんどTBSから出ているので、スタッフも宮藤さんのドラマには手馴れている事でしょう。

第1話はいきなり「サンデージャポン」が舞台となり、TBSのセットやTBSの番組、出演者をフルに利用していて驚きます。これからもTBSの番組やセットが出てくるのかもしれませんね。

 

宮藤さんの実験的なドラマといえる「木更津キャッツアイ」の演出を手がけた金子文紀さんが「監獄のお姫さま」の演出をします。監獄という特殊な環境をどのように料理するのか腕の見せ所でしょう。

所長役はバイプレーヤーとして存在感を見せる池田成志さんで、満島ひかりさんとのアンサンブルが多く出てきそうで楽しみですね。

 

そして監獄の生活も出てくるようなのですが、皆どんな罪を犯し、どういったいきさつで夏帆さんが演じる「姫」の冤罪を晴らそうと思ったのでしょうか。そこへ満島さんが演じる刑務官がなぜ協力をする事になったのか、冤罪は本当に冤罪なのか。謎だらけの状況で、ストーリーは進んでいきます。

 

スポンサーリンク

脚本でドラマは決まります

俳優を生かすも殺すも脚本しだいではないかと言えます。

気になる俳優さんがキャストになっていて、楽しみにしていたドラマも、脚本がつまらないと視聴者は途中で観るのをやめてしまいます。

 

Y子

連ドラ予約をしても観なかった物はどんどん消してしまったりして。

K氏

でも面白ければリアルタイムで観て、録画したものをまた観てという風に、そのドラマで1週間のリズムができてしまう。

火曜日の10時は「監獄のお姫さま」で決まり!!

 

 

これからどういうストーリー展開になっていくのか、この物語はどういう着地をするのか、最終回まで目が離せません。

 

こちらの記事も人気です。

「監獄のお姫さま」の主題歌を歌うのは安室奈美恵さん!!

「監獄のお姫さま」勝田千夏役で出演中!菅野美穂さんの魅力をご紹介

クドカンファン待望の最新ドラマ『監獄のお姫さま』の見どころ

小泉今日子主演ドラマ『監獄のお姫さま』の息子役のイケメンは誰?

『監獄のお姫さま』に出演するイケメン俳優たちに大注目!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です